<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

畳屋さんLIVE2

明日は、半年ぶりの畳屋さんの作業場でのLIVE!前回は、子供から大人まで盛り上がり楽しかった。今回もまた、ほとんど知られていない曲(ディラン2や下田逸郎)を歌います。
明日は、なんとギターDUOさんが演奏がしてくれるし、私の歌のバックもやってくれます。とても楽しみです。

前回のことを日記に残しておいたので回想です。

9月22日、久しぶりにLIVEだった。畳屋さんの作業場の2階だったが、それが、結構広くて
よかった。リーダーの知り合いの人たちが、今回のLIVEのきっかけを作ってくれたとのこと。
久し振り、しかも私の好きなアコースティックだったので楽しめた。
クラプトンの曲から70年代のフォークを中心にやった。リクエストされた「島人ぬ宝」は、
三線の演奏もあって、大いにもり上がった。
子供から大人(40~50歳)まで楽しんでもらえてよかった。アンコールでみんなで
「翼をください」、「あの素晴らしい愛をもう一度」を大合唱できたのもよかった。
昼まで、声がかすれていたが、「飲めば声もでるやろう」といつも通りの飲みながらLIVE、
見事に声も復活であった。最近、かつてのフォーク歌手のエッセイや本(古本を買いあさり)を
たくさん読んで、テレビ、ラジオでしかしらなかった人たちの生き様を知り、感動したり共感したりしている。歌が売れる、売れないは別として、生活を歌にできる人はよいと思う。


明日もきっと楽しい時間を過ごせることでしょう。のど飴なめとこー!

by jblnouno | 2008-03-29 00:06 | 我が家  

ぼんじり~妻と二人で

妻と飲みに出かけました。ほんとに近くの店です。今のところに住んで13年になりますが
一度も入ったことがありませんでした。
小さな駅の前の居酒屋さんですが、料理の種類も多くおいしかったです。
そして、一番ありがたかったのが私の大好きなサッポロビールだったことです。
ついつい飲みすぎてしまいましたが、妻と子供たちのことやこれからのことをいい気分で
話すことができてよかったです。「馬刺し」、「シマ鰺の刺身」の甘い味と
c0153040_9274893.jpgぼんじり(鶏の尻尾の部分)の岩塩焼」がおいしかった。
脂がのってとってもジューシーでした。初めて食べた妻の評価も
「エド・はるみ」のごとく「グー、グー、グー」でした。心地よい酔いと
満腹感の妻と私でした。「ちょい飲み」には、いい店です。
その名は「又兵衛」。
                財務大臣の妻よ!メニュー食べつくしといきましょうか!

by jblnouno | 2008-03-22 09:37 | 我が家  

ギターDUO~春近し

3月20日は「春分の日」とはいえ突風ありの肌寒い日でした。久しぶりに天神セントラルパークでギターDUOさんの演奏を聴きました。タバコと缶ビールで暖をとりながら(?)・・・、今回もピッタリ息が合った演奏でした。一人っ子の私は、ギターDUOさんに会うたびに兄弟っていいなと思っています。新しい楽譜を見ながら、2,3度合わせると、もう彼らの曲になっているのです。アントニオ・カルロス・ジョビンの「WAVE」から「ルパン三世のテーマ」、CCRの「雨を見たかい」、キャロル・キングの「君の友達」、「WILL YOU LOVE ME TOMORROW」のあとは、日本の曲です。「ひとりベンチャーズ」(みなさん知らないでしょうね。)と言われた村下孝蔵の「初恋」、なつメロ「星影の小径」(ちあきなおみのがよい!)やコブクロの「」など、いつもながらの心地よさでした。私も「デュエット」、「小さなため息」を歌わしてもらいました。リズムとテンポが一定でない歌唱力なのですが、二人が演奏でちゃんと体裁をつけてくれるのが有り難いです!!
風はやまず身体は冷えるばかりになったので、場所を変えました。なんとカラオケBOXです。
GOOD IDEAの練習場です。寒い時はこれもありかなという感じです。
春は確実に近いです。今年もギターDUOさんの天神セントラルパークでの演奏が楽しみです。

by jblnouno | 2008-03-22 08:58 | 我が家  

ひとりの夜~DRAMATIC SONGS「CLIMAX」

c0153040_2322159.jpgめずらしく妻も子供たちもいない夜です。
やらなくてはいけない仕事はタップリなのです。
パソコンに向かってもなかなかエンジンがかかりません。
モニターの端に貼られた作成文書の順番表を見てはタメ息。
ひとつだけでも仕上げておけば・・・と思いつつも流れる曲に意識が・・・。
人気ドラマの主題歌を集めた「CLIMAX」というアルバム。
2枚組30曲。ほとんどの曲を知っているしストーリーも・・・。
いろんなシーンが浮かんできました。
世界中の誰よりきっと」・・・。根津甚八と的場浩司と中山美穂はおもしろかった。
ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」から浜省の「悲しみは雪のように」まで完聴です。
懐かしさにひたっているヒマなどないのだけれど・・・。2時間20分のドラマ回想小旅行でした。
明日は早起きだ。岡本真夜の「Tomorrow」で「おやすみなさい」です。

by jblnouno | 2008-03-16 00:37 | 音楽  

Moon~春畑道哉

3月14日は、お世話になっている方たちにギターがメインになっている曲を集めて贈ろうと思って
いる。どうしても自分の好きなアコースティック系が多くなるが、久しぶりに聴いた「Moon」の中
の「Dream BoxⅡ」がよくて選んだ。c0153040_10069.jpg
TUBEのギタリスト「春畑道哉」氏のアルバム「Moon」は、さわやかで聴きやすい。TUBEのイメージは全くない。春畑氏のJリーグのオフィシャルテーマ「J‘s THEME」が気に入って、彼のギターが好きになった。
当時(1992年)リリースされていた「Moon」を手にいれた。
メロディアスな曲が多く、実に心地よかったのを覚えている。

by jblnouno | 2008-03-13 01:25 | 音楽  

花粉症

c0153040_0452324.jpg花粉症である。とにかく目が痒い。ついつい目をこすってしまい赤くなるし、瞼の下はシワシワである。若い頃は、鼻水ボタボタで頭がボーッとしたことがあったが新陳代謝がおちてきたこともあり、症状は確実に軽くなっている。でも、目の痒さだけは変わらん!しばらく好天気だし、花粉の飛散は多いし、メガネはかけたくないし・・・、家にいるのが一番である。そうしよう、そうしたい、そうあるべきである、ゼッタイそうだ。

by jblnouno | 2008-03-13 01:00 | 我が家  

リサ・エクダール(LISA EKDAHL)

c0153040_21435059.jpg今夜は、1971年生まれのスウェーデンの歌手リサ・エクダールです。
中古本を買いに行き、中古CDコーナーで見つけました。
22歳の時のCDなので、可愛い顔と声は、さすがです。
ボサノバ、ジャズ系などアコースティックな曲をまさにチャイルドボイスで
歌ってます。「ストックホルムの妖精」と言われているようです。
スウェーデン語の曲を聴くのもめずらしいし、BGMとしてもいいと思います。
私は、初めてのCDですが、キャリアがあり多くのCDがでいるようです。8曲目の「Vem vet」が
You Tubeで多く投稿されていました。ジャズ系なら「It had to be you」がいいです。
妖精と言われるのがうなずけます。しばらくハマリそうです。

by jblnouno | 2008-03-10 22:22 | 音楽  

アンナケイ

c0153040_13351917.jpg今日は「久我山 散人」さん、「夜ごとの美女」のnightlyさんも紹介していたデンマーク生まれ、現在ニューヨーク在住のアンナケイ(Annekei)です。
最近、ビジュアルを優先して、女性ジャズボーカリストのCDを探していて見つけました。以前、紹介した、「ソフィー・ミルマン」や「ダイアナ・クラール」と比べて声に色気を感じませんが、軽ーく爽やかな感じでなじみやすいです。これは、2006年にリリースされたもので、ジャズコーナーにあったのですが
JAZZ・?という感じです。バックの演奏は、日本のジャズプレイヤーが参加していてウマイと思います。5曲目の「With Open Arms」のソプラノサックスはいいです。

by jblnouno | 2008-03-08 15:17 | 音楽  

月のあかり~桑名正博LIVE

c0153040_2142560.jpg2月29日、桑名正博LIVEに行きました。35周年BEST ALBUMの曲が
メインでした。キャロル・キングの「Will You Love Me Tommorrow」
からはじまり、デビュー曲の「スウィート・ホーム大阪」、「セクシャルバイオレットNo.1」、「月のあかり」、「早く抱いて」、「Dear MyFriend」など
平松加奈嬢のヴァイオリンと桑名氏のギターでじっくり桑名節を聴くことが
できました。アンコールではエレキギターでやってくれました。
54歳ですが、声は相変わらずの声量と「こぶし」がきいていました。
ギターも心地よさそうに弾いていました。
歌と演奏、人なつっこい表情でのトークは実によかった。ビールにはじまり、「芋焼酎月のあかり」のオン・ザ・ロック、バーボンのオン・ザ・ロックと、「歌に酔い、酒に酔い」のよい日であった。
「月のあかり」のよさを新ためて感じた。

by jblnouno | 2008-03-02 22:26 | 我が家  

京都旅行4

c0153040_1621153.jpg24日、日曜日の京都は前夜からの雪で真っ白だった。長男は、窓を開けて雪をかき集め、記念にと小さな雪だるまを作っていた。ホテルの人が
「雪の金閣寺を是非見てください。」と言ってくれたが、吹雪の中を行くのはつらく、近くの二条城に行く。長男が、案内ガイド役でフルに知識を発揮して説明をしてくれた。説明は、なかなかのものだった。
雪は、さらに降り続き、雪化粧の庭園は素晴らしかった。休憩所で雪がやむのを待った。御土産も売っていて、長男は家紋の付いた根付を買った。大好きな武田信玄を手に入れて喜んでいた。
次男には、二条城のキーホルダー(裏には徳川歴代の将軍の名前がついている)を買っていた。
TVのクイズ番組で歴史ものに関心を持ってきたので、いい御土産となった。
c0153040_1616548.jpg
雪は、小降りなったが、風は横なぐりで寒さが増した。午後2時過ぎの新幹線だったので、本能寺に行った。大寶殿で展示品を見たあと、織田信長の廟で合掌。
修学旅行で行けなかったので、1番に行きたいところだったようだ。坂本龍馬、織田信長の墓前で合掌する長男をカメラに収めたが、「ほんとに歴史が好きなんだなあ。」と思った。
c0153040_16263651.jpg
京都駅で昼食をとり、新幹線に乗る。鉄道Fanの長男にとって、またまた嬉しいことがあった。なんと、帰りの「のぞみ」が新型の700系だったのである。車中では、揺れや騒音を減少させるために列車の先端部分の形を考えて作ったと嬉しそうに話してくれた。出発が危ぶまれたこともあり、雪というサプライズもあり、、忘れられない思い出ができた京都旅行であった。

by jblnouno | 2008-03-01 16:44 | 我が家