ぼくの好きな先生~RCサクセション~忌野 清志郎

c0153040_8452282.jpg忌野 清志郎が亡くなった。TVをはじめ、多くの媒体で彼のこれまでの活動やお別れの会などのようすが知らされた。音楽メインのブログの方たちの多くも「忌野 清志郎」のことを取り上げていました。彼のことは、特にファンでもなかったので、ヒット曲を知っている程度だった。CDも2枚あったなあという感じです。ホント、マスコミによる情報だけのことを知っているだけでありました。6日の日にBOOKOFFでこの本を見つけました。通勤の電車の中で、彼のことを多く知ることができました。同時代を生きてきた自分なので、彼に共感することが多くありました。
高校1年の時の教室の横が美術の準備室でした。朝7時45分頃には、必ず準備室にいて、タバコをすわれている先生がいました。まさに愛煙家でした。そして、美術部の顧問であり、肩まで長髪の男子先輩たちと和やかに話しているのをよく見かけていました。「ちょっと仲間に入れてくださいよ。」と言いたいくらいでした。自分は美術を選択していなかったので詳しくは知りませんでしたが、話によると「ぼくの好きな先生」の通りの人だったようです。忌野 清志郎も「ぼくの好きな先生」は、高校の時の先生をモデルにしたようです。この曲を聴くと高校の時のその先生のことを思い出します。忌野 清志郎の声と歌い方は、当時は、「なんだこりゃ。」と思っていましたが、味わいのあるものだということは確かです。合掌

by jblnouno | 2009-05-09 06:46 | 音楽  

<< 義父へ 美味しいもの話~小イワシ >>